FC2ブログ
Windows で MailCatcher を使う
MailCatcherはダミーSMTPサーバー的な感じと説明すればいいかな?
リクエストされたメールは専用のUIで確認することができる便利ツール。

まずは ruby のインストール
https://rubyinstaller.org/downloads/

たぶんバージョンは、最新でもいいと思う。実験時は 2.3.3 の x64 版を使った。
インストール時に、PATH への追加のチェックを忘れないように。
まぁ、インストール後に個別でやってもいいけど('A`)y~~~
インストールされているか確認する場合は、コマンドプロンプトを開き下記のコマンドを実行する。
ruby -v

次にdevelopment kit を入れる。
これは同じアーキテクチャを使用すること。実験時はx64版ね。
インストール先は、 C:\devkit がいいでしょう。

インストールが終わったら、コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行する。
cd C:\devkit
ruby dk.rb init
ruby dk.rb install

たぶん、正常に終わるでしょう('A`)y~~~

これで ruby の環境は整ったのでMailCatcher をインストールする。
コマンドプロンプトで下記のコマンドを実行する
gem install mailcatcher

あとは勝手に依存関係とか解決してインストールしてくれるはず!

インストールが完了したら下記のコマンドでMailCatcher を実行する

mailcatcher --smtp-ip 0.0.0.0 --smtp-port 25 --http-ip 0.0.0.0 --http-port 7999 --no-quit

--smtp-xx ってのがSMTPの待ち受けIPとポートで
--http-xx ってのが配信するはずだったメールを確認するUIの待ち受けIPとポート
--no-quit でUIから終了ボタンが消える

タスクスケジューラーに登録すれば、勝手に起動するようになるので便利よ('A`)y~~~
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://hssamurai.blog62.fc2.com/tb.php/103-41915a41
TOP
プロフィール

hssamurai

Author:hssamurai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ